👉高田びわのす通信 TOP 👉大分市高田校区自治会 👉大分市高田校区まちづくり協議会 👉高田校区公民館
👉大分市高田の歴史


高田の歴史(カテゴリー別)

高田の歴史 最近20件の表示

※ 20件までの表示をしています。
<船本の渡しから大津留溢流堤へ>その1 船本の渡し・大野川乙津川分派New!!
〈高田を歩く・高田の歴史〉臼杵街道(岩舟(舟戸)の渡しから金谷の渡しへ) 
洪水の歴史と対策 (高田輪中 石垣 その2)丸亀、鶴瀬地区を追加
〈高田の歴史・人物〉紀行平の供養塔が明治二目川に建立されていた。
〈水害の歴史〉松岡の水位標 松岡毛井は高田と同じ高石垣集落だった
〈高田を知る〉高田及び周辺の標高を知る
〈水害の歴史〉鶴崎地区昭和18年大水害の水位標(戸次、川添、別保、鶴崎)
高田の刀鍛冶について [高田 浩己]  卒寿祝いに捧ぐ。
高田の大字(おおあざ)、小字(こあざ)地名の変遷(その2)  第2回  大字 丸亀② 現在のまるがめ〈自治会長アンケート〉
令和5年 写真で振り返る高田の一年 
高田の大字(おおあざ)、小字(こあざ)地名の変遷(その2)  第4回  大字 下徳丸
高田の大字(おおあざ)、小字(こあざ)地名の変遷(その2)  第3回  大字 南
高田の大字(おおあざ)、小字(こあざ) 地名の変遷 (その2)  第1回 大字 鶴瀬
〈大分を歩く〉南こうせつの生家竹中の勝光寺に高田を発見!
<ふるさと祭り>フリーマーケット・食物バザー・健康測定
<先哲祭>令和5年度 第101回先哲祭・永年勤続民生委員表彰式
高田小学校150周年記念( 第二部) 記念講演 子供たちを引き込んだ講話、子供たちを虜(とりこ)にしたピアノ演奏 
大分市立高田小学校150周年 第一部 記念式典             今日この日を迎える 
新中島橋の護岸工事始まる。
<公民館 回覧より>ふるさと祭り・先哲祭の案内

年度別高田の歴史  <年度別ではなく年別です>

大友氏滅亡後大分は多くの藩に分断してしまいました。そしてその中でまた細かく分断したのが、わが高田周辺です。(高田は肥後細川藩です)まず、鶴崎は三佐(岡藩領) 家嶋(臼杵藩領) 千歳(延岡藩) 乙津(天領)と入りくんでいます。高田周辺も 高田風土記(1800年 文化年間)によれば 臼杵藩は 丹生 岡 延命寺 金谷 毛井新田 横尾 森村 森町村 大津留村 毛井村 等 幕府領松岡村になっています。(今でも知られている村をあげています)
それ以外の鶴崎、大在、坂ノ市、佐賀関、野津原、竹中などは、肥後熊本藩の飛び地でした。
〈当ホームページ 高田の歴史-高田村史内より抜粋〉
ー省略ー
そして熊本藩は行政の中心として肥後領内に手永をもうけました。手永とは熊本藩が藩内の行政区として管内を五十三手永に区画し、各手永御代官兼御惣庄屋を置いて手永内のおける一切の民生を行わせていました。
大分では九重、野津原、谷村、高田、関の五か所の手水がありました。(熊本藩の参勤交代の通路にあたると思います )高田手永は現在の高田ではなく、わかりやすく言えば昔の鶴崎市ほどの広い地区でした。そして<高田会所>はその民生の執務所でした。会所の長を御代官兼御惣庄屋といいます。そしてそれが設けられていたのが高田の上徳丸にある高田会所跡です。
高田はこの地域の行政の中心的位置にあったのです。
〈当ホームページ 高田の歴史-人物(岡松甕谷)より抜粋〉
歴史は知れば知るほど奥が深く面白いものだと思います。

👉大分市高田の歴史